こんにちは、札幌外壁塗装相談センター担当小林です。

img_01

前々回サイディングの種類についてお話しましたが、今回はサイディングのリフォーム方法についてです。

サイディングをリフォームする方法として大きく3種類存在する。サイディングは特殊で劣化状況によっては様々なリフォーム方法がある。ここではその3種類のリフォーム方法を詳しく説明させていただこう。

1.張り替え

サイディングをリフォームするなかで最もコストがかかる。家の外壁を全面取り替えるのだから塗装の何倍もコストがかかってくる。また、新たなサイディングを貼り付ける場合、リフォームの仕方には2種類あり、

  • 既存のサイディングを剥がし、新しいものを張る
  • 上からサイディングを重ね張りする

がある。サイディングを張り替える場合、一般的な30坪程の住宅でだいたい200万円前後の コストがかかる。塗装は100万円前後で収まるのに対し、約倍の値段がかかってしまうのだから、しっかり検討してリフォーム内容を考えていただきたい。 また、2で説明させて頂いた2種類のリフォーム方法だが、既存のサイディングを剥がして新しく貼り付ける方法より、上から新しいサイディングを張る重ね張 りの方がコストはかからない。 しかし、もともあるサイディングの劣化状況が激しい場合、この手法を取り入れることは難しい。

2.塗装

これはサイディングの上に一般的な外壁塗装を行う手法。もともと有るサイディングのデザインを活かしたい方はクリア塗装と言われる塗装をされる方が一般的だ。

クリア塗装>>透明の塗料で塗装をすること。サイディングのデザインをそのまま活かし、防水性や耐久性を蘇らせる事ができる。

または、色を変えて塗装をされるという方もいる。しかし、ここで注意して欲しい。サイディングの種類によっては、相性が悪い塗料がある。時間の経過 とともに塗膜が膨れたり、剥離してくることがある為、サイディングの上から塗装をする場合は、その知識をしっかり持った業者への依頼がとても重要になって くるだろう。

3.シーリングの打ちまし、または打ち替え

シーリングとはサイディングボードの繋ぎ目の部分の事をいうが、これが非常に劣化しやすい。こちらだ。  大体の場合このシーリングから劣化が始まりひび割れなどを起こす。ひび割れを起こすとそこから雨水などが侵入し急速な劣化の原因と成る。サイディングは比 較的長持ちするため、重度の劣化がなければ、このシーリングのみのリフォームで済むこともあるのだ。 さらに、このシーリングのリフォームには2種類ある。

  • 既存のものを剥がし、新たにシーリングを打つ
  • 既存のものの上からシーリングを打つ

打ち増しの方が、剥がす行程がないため、若干安く施工がでるが、すでに劣化しているシーリングをそのままにし、上から新たなものを塗るため、場合に よっては通常よりも早く劣化してしまう場合がある。劣化状況によっては打ち替えたほうがいい場合と、打ちましで十分な場合があるので、この点についても、 しっかり業者に確認をしていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です