工事費が適正かどうかを判断するために、その内訳を知っておくことが必要です。

塗料・養生資材代 20%

足場代 20%

塗装職人さんの人件費 30%

が、だいたいの目安で、残りの30%はリフォーム会社の営業経費といったところです。

塗料の種類と塗り階数を見積りに入れていない会社はNGです。

 

塗装工事は水増しをしたり、手を抜いたりしやすいところがあるので、極端に安かったり、大幅値下げに応じる会社は要注意です。

職人さんの腕の良し悪しが出るのあは5年後や10年後と言われているので、見た目ではなかなかわからないでしょう。

9.施主も塗装工程を知っておきべきです。                  7.工事中によくあるトラブルを知っておこう