こんにちは、札幌外壁塗装相談センタードットコム担当小林です。

img_01-1

今回はサイディングについてお話したいと思います。

まず、サイディングの根本的なところから抑えておきましょう。

基本的に壁の種類はモルタル製の壁とサイディングの2種類に分類され、サイディングとは簡潔に言うと外壁材の事を指します。

サイディングは一般的なモルタル製の壁と違い、リフォーム方法が少々異なります。

サイディングは建物の骨格を作った後、外から1枚の壁を貼り付けて覆うイメージのもの。

よくよくみると繋目があるので、時間が有るときにご自宅の壁よ観察してみるとよいでしょう。

塗り壁は家の骨格に直接漆喰などを塗りこんでいくもので、もともとあるものに直接塗るものと作ったものを上から貼り付けるという大きな違いがあります。

サイディングには大きく分けて3種類あります。

窯業系サイディング

合成樹脂系サイディング

金属系サイディング

それぞれ特有の特徴があります。

それぞれの詳しい説明はこちらでは割愛させていただきますが、サイディングの種類には複数あるということを頭に入れておいていただきたいです。

なぜならサイディングの種類によってリフォームの仕方が異なる為、どんなサイディングでできているかは非常に重要なポイントとなります。

現代の新築住宅の殆どは窯業系サイディングが使用されている為、あなたのご自宅がサイディングの場合、おそらく窯業系サイディングである可能性が高です。

窯業系サイディングとは、サイディングでもっとも重要なデザイン面で、様々な色やデザインの外壁を作ることが可能で、自分好みの壁を作ることが可能なのです。

次回はサイディングをリフォームする方法についてお話したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です