普通、塗装は使う材料にもよりますが、一般的には10年くらいで劣化が始まります。

耐用の紫外線や雨風などが主な劣化の原因です。

 

劣化のチェックポイントは塗装のヒビ割れや塗膜のはがれ、カビの発生などです。

壁ならば10~15年ほどするとそろそろ塗り替え時です。

 

屋根は太陽光や雨風を壁よりも強く受けるので壁よりも劣化が早く、10年を塗り直しの目安としましょう。

木材に塗られた塗装はさらに劣化が早く進みます。

なので、5年ほどで塗り直す必要があります。

4.工事期間はどのくらい?                            2.塗料によって違うさまざまな機能

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です